敦賀原発1号機の40年超運転、地元が了承(読売新聞)

 3月14日で運転開始から40年を超える日本原子力発電敦賀原発1号機(福井県敦賀市、沸騰水型軽水炉)について、西川一誠・福井県知事と敦賀市の河瀬一治市長が21日、県庁で意見交換し、運転継続を了承することを決めた。

 22日にも原電に通告する。40年超運転に入る原発は国内では初めてとなる。

 1号機は1970年に運転を始めた国内最古の商業用軽水炉で、出力は35万7000キロ・ワット。

クレーン横転 病院建設現場で1人死亡、3人重軽傷 長野(毎日新聞)
東大阪市が介護保険料過徴収、08年度10億(読売新聞)
警視庁職員を現行犯逮捕=女児の頭殴り、抱き上げる−千葉県警(時事通信)
<県民所得>全国平均305万9千円 格差は249万1千円(毎日新聞)
いすゞ、天然ガス車4200台リコール=フィアットの乗用車も2500台(時事通信)
[PR]
by mdbyodpcp6 | 2010-02-25 07:14