密約文書破棄で第三者委員会設置 岡田外相が表明(産経新聞)

 岡田克也外相は23日の記者会見で、日米密約関連の重要文書が外務省内で破棄されたとされる問題で、第三者委員会を設置し、実態調査を実施することを明らかにした。核搭載艦船の寄港をめぐる日米密約ファイルについて、東郷和彦元外務省条約局長が平成11年に後任局長の谷内正太郎前事務次官に引き継いだものの、省内に残っていない問題が対象。

【関連記事】
首相、非核三原則の法制化は「検討課題」 長崎市長に
【佐藤優の地球を斬る】検証はばむ隠蔽体質にメスを
「非核二・五原則化」模索の実態が明らかに
岡田外相、密約関連文書破棄で調査を表明
鳩山首相、参院選公約「聖域なく議論」
20年後、日本はありますか?

普天間移設問題で首相は「県外あきらめない」 福島氏は「県内」容認示唆(産経新聞)
新田選手の「金」を祝福=鳩山首相(時事通信)
訃報 金嬉老さん81歳=寸又峡事件の元受刑者(毎日新聞)
2件目強盗殺人、女を追起訴=鳥取連続不審死−地検(時事通信)
河村市長「議員全員が辞職して信を問うべき」(読売新聞)
[PR]
by mdbyodpcp6 | 2010-03-28 02:09