「なぜ役人がランク付け」=会見オープン化調査に不快感−岡田外相(時事通信)

 岡田克也外相は2日の記者会見で、総務省が政府が行う記者会見のオープン化状況を調査し、公表したことについて「何で役人にランク付けされなければいけないのか」と不快感を示した。
 同調査は、原口一博総務相の指示で総務省が取りまとめたもので、フリー記者の参加や質問を認めているかどうかなどで閣僚らの会見のオープン化度をA〜Dの4段階に分けている。
 外相会見はAランクに分類され、外相は「評価はありがたい」としながらも、「なぜ総務省がランク付けをするのか、違和感がある」とぶぜんとした表情で語った。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

「粘り強い捜査に敬意」=中国ギョーザ事件で警察庁長官(時事通信)
普天間の腹案は「おおっぴらにできない」首相(産経新聞)
長官銃撃は「オウムによるテロ」 警視庁が異例の会見(産経新聞)
病院の規模で収入傾向が2極化―帝国データ(医療介護CBニュース)
<総務省>NTT東日本に行政指導 電柱の管理徹底で(毎日新聞)
[PR]
by mdbyodpcp6 | 2010-04-07 18:30